【これからの働き方】環境変化に強い「シェアオフィス」で働くメリットとは? WeWork移転記念!HiTTO新オフィスツアー

WeWorkで働いている様子
こんにちは、HiTTOマーケティング担当の樋口です。昨年の新型コロナウイルスの影響で、「働き方改革」の一環としてオフィス環境を見直す企業が増えてきましたね。弊社も3月1日にシェアオフィスのWeWorkへ移転し、環境変化に強い組織を目指しています。今回のHiTTOブログでは、最近私たちが入居した、WeWork KANDA SQUAREをご紹介します。ぜひオフィス環境改善のアイディアとしてお役立てください。

WeWorkの2つのスペース「専有スペース」と「共有スペース」

WeWork KANDA SQUAREには、専有スペースと共有スペースがあります。専有スペースとは入居している企業の従業員しか使えない施錠可能なスペースで、利用人数に合ったスペースを借りることができます。共有スペースは入居者が自由に使えるスペースで、ボックス席、ソファ席、掘りごたつ、パントリーエリアなどがあり、仕事と休憩どちらの目的でも利用できます。

晴れた日は富士山も見える!自慢の専有スペース

男性4人が打ち合わせをしている様子
弊社は専有スペースでは固定席制を採用し、モニターを要する個人ワークや機密情報を含むチームでの打ち合わせ場所として利用しています。パーテーションがないので、ちょっとした相談や質問が気軽にできます。写真は専有スペースで真剣に打ち合わせをしている、弊社セールスチームの様子です。

息抜きにも集中にも!便利な共有スペース

ソファで談笑する男女
共有スペースには仕事をするためのスペースの他に、ソファ席やパントリーエリアがあります。このご時世にぴったりなオンライン会議用の個室も!今日ではなく、今この瞬間に合わせて働き方を選べるのが、シェアオフィス/コワーキングスペースの最大のメリットです。

こちらのソファ席はランチやカジュアルな打ち合わせの時に。現在は感染症対策で4名以上の利用は30分までとされていますが、広々としたソファ席は、社員同士のコミュニケーションや休憩時におすすめです。

他にはどのようなスペースがあるのでしょうか?私たちがよく利用するスペースをご紹介します!

※今回は写真撮影のため、WeWorkの許可を得てマスクを外しています。ソファ席に限らず、WeWorkではマスク着用がルールとなっています(2021年3月23日 現在)。

ちょっと息抜きに「パントリーエリア」

パントリーでコーヒーを飲む男性
コーヒー、紅茶、ハーブティー、豆乳、ミネラルウォーターなどが楽しめるパントリーエリア。清潔で開放的な空間は、喉の乾きだけではなく、心も癒やしてくれます。ほっと一息つけるこの場所は、みんなのお気に入りエリアです。

オンライン会議には「フォンブース」

フォンブースで働く男性
WeWork KANDA SQUAREには「フォンブース」と呼ばれる、オンライン会議や電話用の個室が複数あります。周りの声や音を気にせずに打ち合わせができるので、重宝しています。本当に一人しか入れない、絶妙なサイズ感です。

自席より集中できる!?「共有ワークスペース」

共有ワークスペースで働く男性
カフェのような席、自習室のような席、畳の掘りごたつ席など…様々なテイストのワークスペースをその時の気分で選べます。共有スペースは他社の人も集まるので集中できないかと思いきや、専有スペース内の自席よりも集中できるというHiTTO社員も。

座ることに疲れたら…「カウンター席」

カウンターで一緒に仕事をする男女
スタンディングでも利用できるカウンター席は、長時間の着席に疲れた時や運動不足気味な時に。WeWork KANDA SQUAREのカウンター席はパントリーエリアの目の前なので、通りかかった同僚から声をかけられやすい場所でもあります。

シェアオフィスを利用するメリット

シェアオフィスはスタートアップやベンチャー企業から大手企業まで、様々なニーズに対応できます。下記はシェアオフィスを利用するメリットの一例です。

  • 人員の増減に柔軟に対応できる
  • 拠点の分散に活用できる
  • 自宅環境が整わない社員のサテライトオフィスとして活用できる
  • オンライン会議専用の個室や多様なワークスペースを利用できる
  • 開放感のある空間で社員のモチベーションや満足度を上げられる

働き方を選択できる環境づくり

今、私たちは月単位、週単位で変化する時代を生きています。持続可能な強い組織であるためには、変化に対応できる柔軟な制度や体制が必要でしょう。

シェアオフィスはその日単位ではなく、その瞬間単位で働き方を選択できる空間設計が魅力です。貴社のオフィス改善の取り組みの中に、シェアオフィスの要素を取り入れてみてはいかがでしょうか?今回のWeWork紹介が、みなさまの「働き方改革」の参考となれば幸いです!

(写真:全てWeWork KANDA SQUAREにて撮影)

Blog
FREQUENTLY READ ARTICLES

よく読まれている記事一覧