高島株式会社 様

高島株式会社
業種
卸売/商社
事業内容
建材ソリューション事業、産業ソリューション事業
本社所在地
東京都

導入目的

業務のIT化を推進し社員の生産性向上を実現しようという会社全体の方針を背景に、経営管理本部内でもIT化を進めていました。その中で、Windows10への移行に伴いPCの入れ替えを予定しており、社員からの問い合わせが増加することが予測されたため、問い合わせ対応者側の負荷を最小限に抑える方法はないかと検討していました。また、部内でも担当者ごとに担当領域が分かれており、各自のノウハウも体系化されていなかったため、人事異動の際に業務引き継ぎがスムーズにできない、などの課題がありました。
そこで、AIチャットボットを導入することで、PC入れ替えに関する社員からの問い合わせやITヘルプ全般の基本的な問い合わせに自動対応し社員の生産性を高めると同時に、AIチャットボットにノウハウを蓄積していくことで、問い合わせ対応者側の生産性向上にも繋がると考えました。
その中でも、hitTOはG Suiteとの連携できる点が決め手となり、採用に至りました。

今後の展望

公開当初は、hitTOで構築したITヘルプデスクチャットボットを「PC入れ替え専用サイト」上に設置して公開し、Windows10への移行に関する社員からの問い合わせに自動対応しました。現在は、社内で利用しているシステムの利用方法などに回答範囲を拡張し、Googleサイトで作成した社内ポータルサイト上にチャット画面を埋め込み公開しています。さらに、チャットボットをHangouts Chatとも連携するなど、日常的に業務で使用するあらゆるツールにチャットボットへの入り口を設けることで、社員がチャットボットを見つけやすいように導線強化に取り組みました。
その結果、公開して3ヶ月後に社内にアンケートを実施したところ、AIチャットボットの認知度は96%と非常に高い数値となりました。
今後は、社員がより使いやすい存在になるようにアンケートで回答してもらった要望に1つでも多く応えられるように改善を図るとともに、更にPR活動を進めながら、チャットボットの利用定着化を進めていきます。