三菱ケミカル物流株式会社 様

三菱ケミカル物流株式会社
業種
物流
事業内容
貨物利用運送事業等
従業員数
1,391名(2019年3月末日現在)
本社所在地
東京都

導入目的

働き方改革を推進するにあたり、「従業員からの問い合わせ対応工数の削減」が取り組むべき課題でした。総務・人事・経理など特定部署に対して、日常的に従業員からの問い合わせが集中し、本来取り組むべき業務に時間を割けていない状況でした。問合せが多い原因として、社内規定や就業規則などの情報掲載場所が分かりづらく、支社や各デスクに駐在している問合せ対応の担当者なども含めた「従業員への情報共有」が上手く機能していないことが考えられました。

いかに従業員に負担をかけることなく、自己解決できる環境を作れるかを検討した結果、AIチャットボットを導入することで、気軽に情報を得ることができるようになれば、問い合わせ対応工数の削減にもつながるので、会社全体としての生産性向上を実現できると考えました。既にグループ会社でhitTOを採用していたことから検討を開始しましたが、管理画面・ユーザー画面の操作性が高いことに加えて、AIエンジンがWatson単体でなく、自社開発のhitTO AIとのハイブリッド型であることも、他のチャットボットよりも将来性が感じられ、hitTOを採用することにしました。

今後の展望

現在は、「人事」領域のAIチャットボットを作成していますが、今後は「経理」領域のAIチャットボットの作成を予定しています。従業員に愛着を持って使ってもらうために、チャットボット用のキャラクターデザインを募集する企画を社内で進めるなど、社内向けのプロモーションにも重点的に取り組んでいます。
hitTOを活用することで、「従業員が抱えている潜在的な悩みや要望」などの声を吸い上げ、その声を弊社の社内制度を整備していく上でのヒントとして活用していきたいと考えています。hitTOで構築したAIチャットボットが、働き方改革を実現するための推進力を高めるきっかけになることを期待しています。