HiTTOとは

「HiTTO」は、シゴトのナレッジを体系化し、新しいコミュニケーションを創り出す
シェアNo.1の「社内DX特化型」のAIチャットボットです。

誰でもかんたん運用の「社内DX特化型」AIチャットボット
〜 導入準備の手間やメンテナンス工数を90%削減 〜

POINT
01
AIに学習させる「3つのデータ」をすべて

自社で作成しなければならず、大変!

POINT-01イメージ
POINT-01SPイメージ

一般的なAIチャットボットの
“よくある失敗”

回答精度が悪い

回答制度が悪い_アイコン画像
質問パターンが不十分だと少し聞き方を変えただけで回答ができないチャットボットになってしまい社内に浸透しない。

回答範囲が狭い

回答範囲が狭い_アイコン画像
回答の箱の件数が少ないと限定的なことにしか回答できないチャットボットになってしまい、利用頻度が上がらない。

回答の質が低い

回答の質が低い_アイコン画像
AIが正しい回答の箱を解析できても回答の中身がわかりづらいと役に立たず、使われないチャットボットになってしまう。
POINT
02
業界初
HiTTOの共通AIは、

1,000件以上の回答とそれに紐づく膨大な
質問パターン学習済み

だから、圧倒的にかんたん!

共通AIが学習済みのカテゴリ

※カテゴリ情報は予告なく変更になる場合がございます。
ポイント2_キャラクター画像
ポイント2_チェックシート

HiTTOは、使いたい回答の箱を選んで
回答の中身を登録 するだけ!

ポイント2_学習済
ポイント2_学習済
POINT-02イメージ
POINT-02SPイメージ
ピンク矢印

社内公開までの初期構築の工数を
大幅カット!

一般的なAIチャットボット

さらに!社内公開後の運用工数も
最小限でOK!

共通AIの回答の
種類は自動で拡張!
面倒なAIの
チューニングも不要!
業界初
徹底比較
POINT
03
徹底比較
徹底比較 1

共通AIは、あらかじめ回答の箱を整理済み
回答重複を防ぎ「高い精度を維持」!

いちから学習データを作成する場合、意図が重複した回答の箱を作成してしまいがち。
それは、AIの回答精度が低下する原因となりデータの修正が発生するだけでなく、従業員の満足度低下にもつながってしまいます。
一般的なAIチャットボット

知らない間に回答が重複
回答精度が乱れる

例)A:勤怠の代理申請
   B:本人不在時の勤怠
一見、2つの回答は異なる回答のように見えますが、本人じゃないときの勤怠という点で意図が重複しているため、質問パターンの類似を招いてしまい、精度が低下する原因に。
img_Pont03_HiTTO_ロゴ画像

共通AIなら

回答の重複を防止!
高い回答精度を維持
徹底比較 2

共通AIは、難易度高 & 対応面倒な
「曖昧な質問」にも自動対応!

チャットボットを社内に公開すると、「勤怠」「休む」「引越し」など単語のみの意図が不明瞭な質問が多く寄せられます。
シナリオを作成し対処する方法が一般的ですが、階層が複雑化してしまい、運用負荷がかかってしまいます。
一般的なAIチャットボット
シナリオ階層の図の画像
シナリオを作成し対処するものの
階層構造が複雑になり運用負荷が増!
img_Pont03_HiTTO_ロゴ画像

共通AIなら

複雑なシナリオの
作成と運用が不要!

徹底比較 3

共通AIは、膨大な質問パターンを学習しているから
「類義語登録」も必要なし!

同じ意味の単語にも関わらず、類義語登録をしていなかったことが原因で誤答になってしまう。
そんな場合、都度、管理画面から類義語登録をする必要があり、運用工数がかかってしまいます。

家族を扶養から外したい
× 息子を扶養から外したい

一般的なAIチャットボット
家族 = 息子と類義語登録をするなど
AIのチューニングが都度発生し大変
img_Pont03_HiTTO_ロゴ画像

共通AIなら

類義語登録は不要
事前学習済み!

3分でわかる!
HiTTOのサービス概要

CTA資料_画像

お見積もり・資料などはこちら

見積り_アイコン画像

見積もり

資料請求_アイコン画像

資料請求

無料お試し_アイコン画像

セミナー

製品デモ_アイコン画像

製品デモ

ページトップへ